2008年02月06日

ケムリ


会社から帰ってきて一休み


→晩御飯を作ろうとキッチンへ


→キムチがもうすぐ期限切れなので、豚肉と一緒に炒めて食べよう


→フライパンを熱して調理開始


→香ばしい良い香りが辺りに漂いだす


→しばらくして、何か聞き慣れない音がかすかに聞こてくる


→火を止めてリビングに向かったところ、部屋の中が煙でもやもや真っ白け



⇒換気扇を回さずに炒め物をしていた事に気付く
⇒「聞きなれない音=火災警報器の音」だった事に気付く




慌てて換気扇ON&窓全開しましたが、消防車が突っ込んできたらどうしようとか
ちょっとドキドキ寝れない夜を過ごしたあおですどうもこんばんは(ノー`;)
結局何もトラブルは起こらなかったんですが・・・
あれですね。肉焼く時には換気扇回さなあかんですよね。

でもこれがもし本当に火事だったとしたら・・・
あんまり役に立たない警報機やなーとかちょっと思いました。
キッチンはリビングと対面式なの全然音が聞こえなかったし
別に何かに連動してるわけでもなさそうだし。

あーでもこれで下手にスプリンクラー機能とか付いてて水がぶわーってなってたり
ご近所さんの全警報機が連動して大騒ぎになってたりしたら
目も当てられなかっただろうし、ある意味良い加減だったのかもしれません(ノー`;)

まぁ今回の失敗を教訓として気をつけろってことですかね。
最近仕事ばっかりでネタがありませんので短いですがこの辺で。
おやすみなさい!(´ω`)ノ
posted by あお at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。