2008年01月29日

その気にさせる勧誘術


どうもこんばんは。あおでございます。

新居に越してきてそろそろ4ヶ月が過ぎようとしている今日この頃。
仕事をぽーんと切り上げて、帰宅したのが20時半過ぎ。
冷蔵庫の中のもので適当にご飯を作り、いざ食べようとした時にインターホンが。
もー!と舌打しながら、使い慣れないテレビ付モニタに「はいー?」と答えると


「Y新聞の者です!集金に伺いましたー!」


との返事。ああ、新聞屋さんか。
そういえば引っ越してすぐに売り込みにこられて勢いで契約したっけか。
今回が初めての集金でかれこれ3か月分くらい溜まってるよなーと思い、
とりあえず万札を握り締め玄関へ。
ドアをあけると人の良さそうなおっちゃんが笑顔で待ってました。


「1月分の集金です。○○円です。」


って事で請求されたのが1か月分の代金。
あれ?たしか10月がサービス期間で11月、12月も届けてもらってたんだけど・・・
たぶん3か月分くらいの支払いなんだけど・・・??
と思いながらも、まぁそのまま何事もなく笑顔でお釣りを受け取る私。

ごにょごにょ喋ってたのでよく分からなかったのですが、
どうやらサービス期間のストップを忘れた?とかで
1月からの契約になってる、らしい、と勝手に判断。
ま、ラッキー♪って事で・・・とドアを閉めようとしたところ・・・


「あ、ちょっと色々もってきますんで!!」


って事で、私を置いておっちゃんが外へ出て行き。
なんか色々持ってまた玄関にやってきました。
渡されたのが「カタログギフト(恐らく1500円クオリティ)」とか
部屋干しトップの小箱6個やら、小さい鍋やらなんやら。

うわー、Y新聞さん気前いいなー!!(*´ω`*)ノ
この前はビール1ケース(24本)と洗剤、タオルをいっぱい置いてったし、
今回もこんだけ色々ともらえたし・・・。
毎回の集金でこんなん配ってたら儲けあるんかいな!?
とか思いながらひたすら感動してたんです。


そしたらそのおっちゃん。


「これからもがんばりますんで、半年契約してもらえないですかね??」


とかなりの低姿勢で言ってきたんです。


「え?あ、あぁ・・・いいですよ?(゚ー゚;)」


って事でここはこのおっちゃんへの恩に報いてあげようって事で
2月〜7月の6か月分って事で、サインをしたんです。
「半年契約できるとお小遣い500円もらえるんですよ〜♪」とか言ってたんです。
満面の笑みを浮かべながらおっちゃんは帰っていったんです。


ドアを閉めて鍵をかけながら。



・・・



・・・おかしいな・・・



確か昨年11月から、既に6ヶ月で契約してたはずなのにな(゚ー゚;)



いやー、こんな事ってあるんですかね。
半年契約!って事で色々もらったけど、実は契約になってなくて。
今回も色々もらって、半年契約成立。
途中で「これいいんかな??」って思ってましたけど大丈夫ですよね?


今更「あれ、この間半年契約したばっかですけど・・・?」


なんて言える雰囲気じゃなかったしね(ノー`;)
自分の中でY新聞さんの株がちょぴっと上がったのは言うまでもないのですが
これがY新聞さんの策略だとしたら。4月までの契約を7月まで伸ばす為だとしたら。
ものすごい壮大な勧誘ストーリーやな、とちょっと思った今日この頃でした。


まぁ毎日新聞届けてもらいながら、週末の広告と「コボちゃん」くらいしか
あんま楽しみにしてないんだけどとか言ったら怒られますかね(ノー`;)
ってことで、また明晩です(´ω`)ノ
posted by あお at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。